2017年01月31日

呼吸法



呼吸法は、手軽に始められる健康法で、正しく継続的に行えば、

自律神経のバランスを整える
免疫力を高める
血液循環を促す
内臓の働きを強くする
脳をリラックスさせる
集中力を高める
エネルギッシュな生活を送ることができる

などの様々な恩恵が得られます。

様々なタイプの呼吸法がありますが、基本は腹式呼吸です。
息を吸うときお腹を膨らませるようにして肋骨を広げ、
吐くときにお腹をへこまし、絞るようにして息を吐きます。
これを一定のリズムで行い、
例えば、
息をすう:止める;息を吐く これを1:1:2で行います。
この比率は各々トレーニング方法によって異なります。

また、だいたい吸うときよりも吐くときのほうが、長く、ゆっくり行うことが大切です。

これを、いろいろなストレッチやポーズを変えて行うのが、ヨーガであったり気功であったりします。

私も若い頃、ヨーガの呼吸法を行っていた時期があったのですが、
集中力も強化されましたし、お酒で壊した体も回復させることができました。
また、とてもエネルギッシュになったのを覚えています。
体もある程度、柔らかくなりました。

今は、また長年の怠慢の蓄積により、がちがちですけどね。(笑)

体の硬さは、精神的な緊張感や血流の流れの悪さ、筋肉の硬直、リンパの流れの悪さなど様々な悪循環によるものだと考えていいでしょう。

呼吸法は、この循環の悪さを無理することなく、その時の自分の限界にあわせて徐々に伸ばしていきます。

ここがいいところですよね。
きちんとした正しいトレーニングを積めば、誰にでも確実に効果が得られます。
ただし、一丁一夕ではないので、ある程度時間はかかりますよ。

一時、話題になっていたロングブレスダイエットなども呼吸法を使っています。
呼吸によって体内の老廃物を燃やすことができるというのは、これらによっても証明できるでしょう。
つまり、呼吸法が体内に影響を与えるというのは確かな現実なんですね。

私たちは、日々、何気なく呼吸をしながら生活していますから、
そんなことで健康になるの?
と思いがちですが、呼吸というのは心と体の健康にとって、とても重要な要素となるのです。

今日はこのぐらいにして、呼吸法に関してはこれからも書いていくつもりです。
中国三千年の歴史、インドヨーガ五千年の歴史がありますから、行法、科学的検証もたくさんあります。
ただ、あまり長話をしていると、筆者も健康病になってしまいますので。(笑)

何事も、ほどほどが健康に良いですよね。

では、皆様のご健康をお祈りします。







追伸:
試しに、鼻から四秒息を吸って、四秒息を止めて、八秒かけて鼻から息を吐いてみてください。
(1:1:2)
これを10回もやれば、頭がクリアーになりますよ。














【関連する記事】
posted by cocosdreem at 07:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: