2017年01月30日

サウナ


今日は、疲れを取るために、大衆浴場のサウナに行ってきました。

あ〜、さっぱりした。
サウナはやっぱり疲れが取れるし、心があらわれるなー。
気持ちが新鮮になりますよね。

ここで、サウナに入って疲れが取れる理由
サウナに入って汗をかくと、水分と一緒に体内の疲労物質(乳酸)や老廃物、塩分や有害な重金属が体外に排出されます。
つまり、全身の血管が拡張して血流の流れをよくし、老廃物や疲労物質を洗い流してくれますから、必然的に疲れは取れます。特に、首や、肩のコリなどは筋肉の緊張や血流の不足が原因です。これが、サウナによって解消されやすくなるわけです。
ただし、この場合はサウナのなかの温度の高い方に座って、たくさん汗をかいたほうがいいですよ。

交代浴のすすめ
交代浴ってなんだか知っていますか?
サウナにはいった後に冷たい水に浸かったり、浴びたりすることです。
この入浴方法では急激な温度差が自律神経を刺激します。
その結果、不眠症の改善や低血圧の改善、自律神経失調症の改善が見られたりします。
この場合は、サウナの温度の低い方に座ってゆっくり汗をかいたほうが良いでしょう。

確かに、私はいつも交代浴を行うんですが、
寝るときも熟睡できますし、起きる時もスッキリ起きれます。
サウナから出たあとは、頭が冴えたような、爽快な気分になれます。
また、集中力が増しますよね。


そして、新陳代謝が行われ、老廃物などが排出されるのですから、
当然、健康美容にもいいということになります。
特に、サウナから出たあとは、お肌がスベスベです。

私は、いつも10分3回ぐらいを目安に行っています。

スーパー銭湯が多発している現代では、サウナは、とても快適な、居心地のよい空間ですよね。
コストも安く済みますし、家族で行けば、わきあいあいです。


ただし サウナは80〜90℃という熱気浴ですから、
くれぐれも、心臓の弱い方や、高血圧の方、心血管系の病気のかたは控えたほうがいいですよ。

自分にあった、健康法を選択していきましょう。





posted by cocosdreem at 16:28| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: