2017年01月28日

歩く

歩くという動作は、人間の基本動作ですが、なにかと便利になってきた現代社会においては、これが省略されがちになってきています。近くでもタクシーでいったり、バイクも自転車もありますし、寝たきりでも、座りぱなっしでも生活できる環境が整っています。
ところが、この人間の基本動作である歩くという行為は、とてもたくさんの健康効果を秘めています。
歩くことによって、健康を取り戻すこともできますし、歩かなくなることによって健康を損なうこともあります。


歩くときは全身の筋肉を使う
歩くという動作は、腹筋、腕、腰、全身の大きな筋肉をいくつも使い動いています。
重力に耐えて左右の脚で片方ずつ交互に体重を支え、更に脚を曲げ伸ばしして重い身体全体を移動させ自分の行きたい方へと運んでいるのですから大仕事です。重心移動のバランスをとるだけでも大変です。普段何気なく行っている「歩く」という動作、実は全身の筋肉や神経を総動員して行う大変な動きなのです。


歩くときは有酸素運動を行っている。
歩くときには、自分自身にあったペースで酸素を取り入れ、有酸素運動を行っています。
従ってこれが、脂肪燃焼につながるのです。
長年蓄積されてきたコレステロールや中性脂肪などは、血管にダメージを与え、様々な病気(動脈硬化や肝機能障害、糖代謝異常など)を引き起こします。脂肪燃焼はこれらを改善させる可能性があります。

また、歩いて有酸素運動を行うことにより、老化防止につながる。
歩くことによって、全身の血流の流れを良くし、酸素を行き渡らせているわけですから、脳も活性化されるでしょうし、内臓機能も活性化されるでしょう。

人間のふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれてます。
全身に血液を送り込むポンプのような働きをしているからです。
従って、この歩くという行為を繰り返し、昔、仏教の開祖であるお釈迦様や弟子たちも、歩きながら頭頂に意識を集中させて、瞑想していたと言われています。

つまり、歩くことによって、体も心も健康になっていくということですね。

この中でも、私は、犬の散歩をおすすめします。
犬を飼えば寿命が十年伸びると聞いたこともありますが、飼い主に忠実な犬との散歩は無理をすることもなく、毎日のことですから継続できますし、彼らは、人に安らぎを与えてくれます。

私も、愛犬cocoのおかげで、行きたくない日もやめられない、継続的なお散歩で楽しませてもらっています。

NEC_0001.JPG








posted by cocosdreem at 18:11| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

マッサージで心の安らぎと健康を

は〜、今日も疲れた。

ということで、いつもどうり、こないだアップした一日二杯のビールで乾杯です。


でも必ず、この年になると、肉体労働を終えたあとは、腰が痛い、首が痛い、肩がこるの始まりです。
そこで、家にあるマッサージ器で心と体を癒します。市販の薬は、私にはあまり効果を感じません。

家に、マッサージ器があるといいですね!

もちろん、マッサージ屋に行ったり、サウナに行ってもいいのですが、時間と手間とお金がかかります。
不精な私には向いていません。これは、時間とお金がある時に。
なによりも、<ながら>ができます。
テレビを見ながら、考え事をしながら、家族と話をしながら、、、、
マッサージ器を当てながら、ゆっくりしていると、やっぱりいい考えも浮かびますし、血流がよくなるせいか、家族との会話も弾みます。

ちなみに、マッサージの効果って知っていますか?
マッサージに行くと、どういう感じがしますか?
気持ちがいい、スッキリした、体が軽くなった、目の前が明るくなったなど、ありますよね。


まず、マッサージを受けると、免疫に関する細胞が増えることがわかっています。
つまり、外からの細菌やウイルスから病気にならないように守ってくれます。

次に、ストレス解消に最適です。
ストレスをうけると体のホルモンのバランスが変わります。
ストレスがあると副腎皮質ホルモンが増えます。マッサージをうけると、この副腎皮質ホルモンが減ることがわかっています。

さらに、血液やリンパの流れがよくなります。
特にリンパは筋肉の動きや、外からの物理的な刺激がなければなかなか流れません。
そのためマッサージで筋肉を動かし、リンパ液を流してあげることは効果が大きいのです。

リンパ液は最終的には静脈に入り、血液の循環へと戻っていきます。
リンパの中には細胞からの排泄物や疲労物質なども含まれています。
これが血液循環に戻され、肝臓や腎臓で無毒化されたり排泄されます。
つまりリンパの流れが悪いと、体にとって負担となるものが排泄されないのです。
マッサージで体にとっていらないものを捨てることができるのですね。

もちろんリンパだけでなく血液の流れも良くなります。

そして、マッサージは筋肉をリラックスさせ柔らかくすることができます。

本当に、様々な効果がありますよね。

これを<ながら>でできるということは、本当に有意義だと思いませんか?

私は家で、下記のようなもみ玉マッサージ器を使用しています。









また、下記のような首もみ式マッサージ器も使用しています。





もみ玉式は、寝ながらに最適ですね。ヒーターのように温め効果もありますし、痛いところどこにでも簡単に当てられます。

首もみ式は、最近多いようですが、もみ玉式とは違い、手もみのような感覚があります。その分、マッサージ効果も強いように感じますが、形が固定されるので、どこでもというわけにはいきません。ただ、首だけでなく、腰にも肩でも大丈夫ですよ。

まぁ、人の好き好きでしょう。

とにかく、経験上ですが、一箇所に15分ぐらい(自動電源オフ)になるまであてるのが良いようです。

皆様も、家庭で寝ながらにして簡単にできるマッサージ器で<ながら>健康法をとりいれてみませんか?

posted by cocosdreem at 19:49| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

一日二杯のビール

一日、二杯のビール(400ミリリットル)ぐらいの量であれば、体に良いというデータが、科学的にいくつも検証されているらしいのを知っていますか?

ビールには葉酸、鉄分、カルシウム、そして様々なビタミンが含まれており、それらが循環器システムを保護してくれるそうです。また、糖尿病・高血圧のリスクを減らし、胆石の予防、動脈硬化によって引き起こされる心筋梗塞や脳卒中などの予防にもつながるとのこと。さらに、虚血性心疾患リスクの低減効果や、発がんプロセスの抑制作用などが報告され、毎日適量飲酒する人は、全く飲まない人や時々飲む人に比べて、心筋梗塞などの冠動脈疾患による死亡率が低い傾向にあります。などなど、、、。

ただし、発泡酒はこの効果が薄いらしいです。

今日も、仕事で疲れたし、一日二杯とはいきませんが、ロング缶2本にしてストレス解消します。

NEC_0008.JPG

大好きなcocoと一緒に!

NEC_0007.JPG


coco~!

posted by cocosdreem at 16:17| 神奈川 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする